【進撃の巨人2finalbattle】キャラメイクと恋煩い

スポンサーリンク

今回もfinal battleの感想というか、レビューみたいなものを綴ります。
私の推しへの想いが大変キモくなっておりますので閲覧注意です。

なんだか自キャラの雰囲気がまったく自分らしくなかったので、キャラメイクをちょいちょいやり直してました。

半目ですが
キャラメイクも幅が広くてめちゃくちゃ楽しい。

服も結構幅広くあります。

ジャケットを脱がせることも可能。

なんならジャケットの色を変えることも可能です。
同じ兵士服でも、インナーとか着こなしで個性を出せるのがいい。

顔面に傷をつけたりアクセサリーで眼帯をつけたりすることも可能。

キャラクターを自分に似せたら本当に自分が進撃の世界に入った感があって、さらに楽しいゲームになると思います。ゆえにここは力を入れてこだわって自分っぽさを出したいところ。
いつでも何度でもキャラメイクのやり直しができるところも親切設計◎

キャラメイクをやり直したところで、推しのユミルを誘ってさっそく任務へ行ってみました。

任務完了後

ユミクリのためにしっかり働きます!

ちなみに任務に誘うとずっと後ろをついてきてくれます…デートジャン…
(たまたま頭をなでているように見えたスクショ📷)

一緒に任務へ行って友好度が上がり、超絶きゅんなイベントが発生しました…

ワイ、寝坊したらしい

そんなに罰は食らいたくはありません!(死んだ目でキリッ)

ここでユミル登場
トゥクン…守ってくれるん…?

いやあながちだよ…結構合ってるよ…あなたへの恋煩いで頭痛と吐き気と目まいと肩こりに悩まされてるよ…。

ということでマジなので「そのとおりです!」を選択。

切ない顔のユミルたんもしゅき…。

ええんかーい。
サンキュー上官。

ユミルにはお礼をしNight(興奮気味)

こんなん…ユミルノタメナラヨロコンデーッ!!って感じだよ。

みたいな感じ。

正直どんなことをさせられるのか考えただけで興奮するよお!(ドM)

おしまい

コメント